戦国カフェ 〜OLが戦国武将をゆる〜く語るブログ〜

プロフィール

名前:戦国アイコ 
戦国武将とカフェが大好きな20代独身会社員

  • 特徴:残業は嫌い。仕事の後カフェでまったりするのが大好き。
  • 趣味:猫と遊ぶこと。推理小説を読むこと。
  • モットー:ほどよく頑張る。
  • 好きな食べ物:スウィーツ(特にクリームあんみつ)
  • 嫌いな食べ物:梅干し、納豆。

燃えよ剣💖動乱の幕末にわずか6年だけ存在した新選組はなぜ多くの人に愛されるのか?

2021/10/21

こんにちは。戦国LOVEのアイコです。
今週、今一番話題の映画、10月15日公開『燃えよ剣』を観てきました!

面白かった!最後のシーンは泣きました✨
ということで今回は、映画『燃えよ剣』の個人的感想と見どころをゆる~くお伝えしま~す✨

燃えよ剣 豪華なキャスト陣

この『燃えよ剣』は、
2017年公開の映画『関ヶ原』の原田眞人監督と、主人公の石田三成役を演じた岡田准一さんという最強の二人が、
再度タグを組んだ、司馬遼太郎の1,000ページにも及ぶ文庫本を映画化した、スケール感溢れる本格時代劇エンターテインメント作品なのです。

司馬遼太郎ファンや歴史ファンなら絶対見に行かなきゃ!って映画ですね!

クリアファイルも買ったよ

キャストも豪華で素晴らしかったです💖

⭐岡田准一(土方歳三)

サブタイトルにもある『BARAGAKI』バラガキ

これは、茨(イバラ)のような鋭いトゲを持った悪童、不良、ならず者を意味するそうです。
東京多摩の田舎百姓の子供で『バラガキ』と呼ばれていた時代から、35歳で亡くなるまで、憧れる武士としての美学を貫き通した土方歳三。

岡田くんは、その強さ、不器用な優しさ、誇り、意地、生き様を見事に演じているなぁと酔いしれました。

パンフレットによると、
以前の『関ヶ原』撮影時から、次回は映画化するなら『燃えよ剣』、その際には自分が土方歳三をやりたい、
などと雑談で原田監督と盛り上がって話していたそうです。

そうは言っても、普通なかなか実現はしないんだとか。
でも、今回は見事に実現したのです!

土方歳三と、ほぼ同じ体格だという岡田くん。
きっと司馬遼太郎作品の力と原田監督の強い思い、そして土方歳三自身がが岡田くんを呼んだのかもしれませんね。

⭐鈴木亮平( 近藤勇 )

演じたのは、大河ドラマで西郷隆盛役だった鈴木亮平さん。
近藤勇は、副長の土方歳三に支えられ新選組の顔となる実直な剣豪です。鈴木亮平さんはガタイも良く、実際の近藤勇の写真に似てませんか?

新選組のトップに相応しく、雰囲気は悠々として、おおらかな感じ。でも中身はストイックで真面目な様子を、
この鈴木さんが、見事に『ホント近藤勇って感じだな~』と思わせてくれました。

個人的には、今回の映画では、この方の “ 目 ” が印象的でした。

特に忘れられないのが、投降する意思を土方に伝え、2人でやりとりをするシーン。
投降を反対する土方に対して、偽名で投降するから大丈夫だと、その反対を振り切って去っていく時の、あの目。

きっと、土方らの仲間を置いて投降することを、何日も悩みぬき、でも今後の人生のかすかな一筋の光にすがって決めた決断の悲しみと不安と、少しの期待と・・・。

そんな複雑な感情が入り混じった目。
そして近藤勇は、この20日後に斬首されました。う~ん、切ない・・・

⭐山田涼介(沖田総司)

実は私、小説『燃えよ剣』を読んで一番ファンになったのは、沖田総司でした!

さらに『沖田総司の恋』という本では、
沖田くんが労咳の治療のために通った町医者の娘への淡い恋、成就しない恋がさわやかに描かれていて、

沖田総司と言えば、美少年、わずか27歳にして命を落とした天才剣士、その美しさと儚さと、強さ。
そして凛とした透明感のイメージを持っていました。

そして今回のキャスト、山田涼介くんは、そんな私のイメージにピッタリ!!

そこに居るだけで、清らかな風が吹くような。
鬼の副長土方さんも、彼には心を許して、素直さや可愛らしさが出るような唯一無二の存在。

とても優しい人物と思いきや、昨日まで弟のように可愛がってもらっていた芹沢鴨の暗殺を主導する、冷酷さもあわせ持つ。

何と言っても最後、死にゆくシーンは秀逸!!
ちょっと大丈夫⁉ってくらいに痩せコケてしまって・・・実はこのシーンのために8㎏も減量したのだとか。

俳優魂ってスゴイですよね。

⭐柴咲コウ(お雪)

柴咲コウさんが演じるこの役『お雪』は、フィクションです。
実は私、映画を観るまでは、このフィクションの役が、映画全体の邪魔にならないか心配しておりました。


というのも、以前『関ヶ原』の時に、
石田三成の想い人(これもフィクション)を、有村架純ちゃんが演じていて・・・申し訳ないけどこの役には感情移入できず、これって要らなかったんじゃないかな~と思っていたから。

しかし今回のお雪さんは素晴らしかった!
というか、この役がなかったら、この映画の魅力は半減していまったと言っても過言ではない!

柴﨑コウさん、美しいですね~~~✨✨
ドクターXの大門未知子も、強い女性で大好きですが、こちらのお雪さんも違う種類の強さがあり素敵なのです。

お雪は、伴侶が亡くなって未亡人となり、絵師として生計を立てている自立した女性。

この方、とにかく美しい。すべてが。
顔も所作も話し方も、土方歳三を想い焦がれる表情も仕草も。

愛する人のために力になりたい、自分の出来る事を全力で行動する凛とした姿も。

世の中に綺麗な女性は多いけど『美しい人』はそうはいないと思います。
美しさには、その人の哲学と志、生き方が問われるから。

そんな中、お雪さん(柴咲コウ)は、真に美しい人だと思いました!
私、お雪さんみたいな素敵な女性になりたいなぁ✨

燃えよ剣 印象に残ったシーン

⭐土方歳三と芹沢鴨の一騎打ちシーン

清河八郎の襲撃失敗の後、石の灯篭が両脇に並んだ一本道の参道で、この2人が刀でやり合うアクションシーン。
この場所も美しかったし、2人の気迫に満ちた殺陣の動き、格闘シーンがとにかくカッコよくて美しかった。

監督曰く、岡田准一って『超一流の武芸者が俳優のふりをしているような人』なんだって。

土方が絡むすべての剣技の構築、指導が岡田くんに委ねられたってことなんだけど、主演だけでなく剣技の指導を担うなんて、岡田くんどんだけスゴイの?

伊藤英明さん(芹沢鴨役)は、殺陣の経験はあまりないらしい。

でも、史実では、新選組の剣士たちが恐れるほどの剣豪である芹沢鴨。
このシーンでは、この芹沢の剣豪ぶりを一瞬で伝え、土方より剣の腕が上に見せなくてはならない訳ですね。

だから岡田くんが、芹沢が強くカッコよく見えるように演じてくれたんだって。
確かに、芹沢鴨が強く、剣豪に見えましたよ!

⭐池田屋事件

新選組を一躍有名にした池田屋事件。

実際には、この新選組と長州藩士たちの戦いは、40数分も続いたそうです。
さすがに映画では40分の尺は無かったけど、もちろん長い時間を割いてました。

まるでドキュメンタリー場面のようにリアルで『映画を観ている』ことを忘れて、近藤さん頑張って!ってハラハラしながらのめり込んじゃいました。
隣の席の知らないおば様も、このシーンをガッツリ前のめりになって観ていた。分かるw

⭐ラスト、土方歳三が亡くなるシーン

実際、土方歳三の最期については諸説あるそうです。

函館での乱戦の最中に、腹部に被弾して落馬したとされる説。
味方内部で降伏論が高まる中、徹底抗戦派の土方歳三を疎ましく思った誰かが殺したとされる説。

さらに遺体は、他の戦死者とともに五稜郭内(一本松の土饅頭)に埋葬されたとの説や、
別の場所の説もあり・・・未だに埋葬場所は確定していないらしい。

そんな中、今回のラストシーンは、ほぼ小説に沿ったものでした。
あのシーンを映像化するとこうなるのか!と、小説だけでは想像しきれないスケールの大きな映像が観られて、
大満足!素晴らしかった!泣きました!

ただあくまで個人的には・・・
土方歳三には、あんな風に自ら銃弾を受けに行って命を落として欲しくなかったかな。

きっと、もうここが死に際だと諦め、潔く最後は堂々と散ってやる、という考えだったのもしれませんが、
でも、やっぱりそこは諦めて欲しくなかった。

石田三成は、再起を図るために戦場から逃げ、
捕まった後も体に毒だと干し柿を断り『大義を思う者は、首をはねられる瞬間まで命を大事にするものだ、それは何とかして本望を達したいと思うから』と答えています。

もう、負けは明らかなのかもしれない。
けれど土方さんも石田さんのように、最後の最後まで抗って欲しかったな~なんて思うのです。

燃えよ剣 土方歳三が追った夢とは?

この映画のサブタイトルは『時代を追うな 夢を追え』

映画を観ながら、土方歳三が追った夢とは何だったんだろう?ってずっと考えていました。

武士になりたい!という熱い夢を胸に、京へ上った土方歳三たち。
池田屋事件で一躍有名になった新選組。
しかしその後の大政奉還で、状況は一変。鳥羽・伏見の戦いから始まる戊辰戦争では敗戦が続き、新選組局長の近藤勇は斬首され、沖田総司は結核で病死。

忠義を尽くした幕府からは見放され、さらに大切な仲間も失った後、土方歳三は、何を求めて戦い続けたのか?

きっと・・・

土方にとっては、もう幕府を守る大義名分はどうでもよく、自分が最後まで武士としてどう生き、死ぬのかの美学、プライド、意地を貫いた気がします。

それは自分のためだけではなく、新選組の仲間(特に近藤さんや沖田くん)のために、最後の1人になるまで戦おうと思ったんじゃないかな、と。

皆さんはどう思いますか?

さて・・・今回の『燃えよ剣』幕末映画の感想は終わりです。
また来週から戦国時代に戻るよー。お楽しみに💖

ブログ村ランキングに参加中♬
下の3つのボタンを押すと投票されるので、ポチっと押して応援していただけたら嬉しいです💕
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

  • にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
  • にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへ

ページトップボタン