戦国カフェ 〜OLが戦国武将をゆる〜く語るブログ〜

プロフィール

名前:戦国アイコ 
戦国武将とカフェが大好きな会社員

  • 特徴:残業は嫌い。仕事の後カフェでまったりするのが大好き。
  • 趣味:猫と遊ぶこと。推理小説を読むこと。
  • モットー:ほどよく頑張る。
  • 好きな食べ物:スウィーツ(特にクリームあんみつ)
  • 嫌いな食べ物:梅干し、納豆。

令和の今こそ学びたい、織田信雄的生き方!Vol.4人生最大のしくじり!?それとも実は、家康を救った救世主!?「小牧長久手の戦い」織田信雄の謎の行動に戦国アイコが迫る!(^^♪

2024/05/16

▼『戦国カフェ』YouTubeでも配信中♪ 是非チェックしてね!

皆さんこんにちは!アイコの部屋の時間です(*^^*) 今日も、織田信雄さんをゲストにお迎えしています。

【織田信雄/Wikipediaより】

早速ですが信雄さん、今回はいよいよ、信雄さんが世間的に「おバカのレッテルを貼られた理由③」のお話ですね!!

はい、これは「小牧長久手の戦い」での話です。

秀吉が46歳、家康様が41歳、そして私が26歳の時でした。
若かった私がその時とった行動が・・・

信雄さん!!私、そのエピソード知ってますよ

織田信雄と小牧長久手の戦い

【小牧山城】

この戦いで信雄さんは、

①秀吉に対抗するため、徳川家康へ助けを求め、織田・徳川連合軍を組んだ。


②織田・徳川連合軍は、勝利を治め優勢だった。

にもかかわらず、

ってお話ですよねー!!

アイコさん、よくご存じで💦

超有名な話ですよ!っていうか、織田信雄といえば、このヘタレエピソードでしょww

信雄さん、あれはないですよー💦 正直、おバカと呼ばれても仕方ないというか・・・自業自得というか・・・。

有利な戦いをしていた家康さんは、きっと、

って、怒っていたんじゃないですか?

やっぱり後世では、「織田信雄のせいで、徳川有利の戦いが終わってしまった」
ってヘタレイメージが浸透してるようですね💦

今日は、この件についてちょっと弁明させてください!

徳川勝利!?小牧長久手の戦い

【小牧城跡からの景色】

歴史上「小牧長久手の戦い」は、“徳川勢が勝っていた”と言われますが、なぜそう言われるか、知っていますか?

その理由は、徳川軍が局地戦で「敵の主力武将を何人も討ち取った」ことを、家康様がかなり喜び、家臣に宛てた書状で、

それが後世に伝わって、徳川勝利のイメージにつながったんですよ

局地戦での勝利アピールが、戦全体でも勝利していた、というイメージになった、
ってことですか?

まあ、そんなところです。
家康様は、軍の士気を上げる為、世間に、徳川の強さをアピールする為、
大げさに勝利をアピールしたのかもしれませんね。

徳川劣勢!?小牧長久手の戦い

ただ最近の歴史研究では、

確かに、戦いの局面、局面では、優勢な場面もありました。
徳川軍が、小牧山城を秀吉軍より先に奪い、有力な武将である池田恒興(いけだつけおき)や森長可(もりながよし)を討ち取ったりしてね。

でも、それは全体の戦いからすれば、一部の勝利にすぎません。
秀吉側は、最初こそ出鼻をくじかれましたが、数では、圧倒的に勝っていたんです。

その他、兵糧などの物資や石高を考えても、信雄・徳川両陣営は、秀吉の足元にも及ばないんです。

またまた~、信雄さんたら全くヘタレさんなんだから!
三河武士の徳川軍を、甘く見たらいけませんよ。

いえいえ、アイコさん、私の話を聞けば納得ですよ。そして重要なところなんです!

まぁ、なんだかんだ言っても、
やっぱり信雄さんが、勝手に降参しちゃったってオチじゃないですか!!

そうなんですが・・・
でも、戦いの全体をみれば、“一番良いタイミングで和睦した”ということを強調したいんです!

織田信雄のお陰で得した人は!?

アイコさん、ちょっと考えてみてください。私が秀吉からの和議に応じたことで、

一番得した人!? 誰だろう?
引き分けだから、どちらも得も損もないんじゃないんですか?

ちなみに信雄さんは、勝手に降参しちゃって、めちゃくちゃイメージ最悪ですけどね!!

確かに私のイメージは最悪ですよね💦

でも、私が悪者になり、泥をかぶったおかげで・・・

「勝っていたのに、信雄が勝手に降参したから仕方なく戦いをやめた」と言う風に。
つまり、一番得をしているのは家康様なんですよ

はぁ。
でも確か、大河ドラマでの家康さんは『和睦せずに戦いたい!!戦っていたら勝利していたのに』って風に描かれてますよ?

本当に家康さんは、得しています!?そのまま戦っていたら、秀吉軍を倒していたんじゃないんですか?

小牧長久手の戦い・家康の事情

実はここだけの話、家康様は、当時、そもそも秀吉と戦う余裕がなかったようです。

これは、あまり知られていないのですが、

小牧長久手の戦い(1584年)の前年から、徳川の領地である三河では「50年来の大水」(家忠日記)の自然災害が起きていて、田畑が荒廃し、多くの餓死者が出ていたんです。

一方の秀吉軍は、徳川討伐の為、岐阜城に大量の兵糧を備蓄するなど準備バッチリ!

これはもう、戦う前から勝敗はついていたも同然!!

そんな事もあって、

家康様の本音は、戦いを早期にやめ、国の内政に尽力したかったんじゃないでしょうか?

へえ~、家康さんにも、そんな事情があったのかぁ。
じゃぁ、信雄さんの行動は、ナイスアシストだったんですね!?

でも・・・家康さんの戦況と状況を見極め、信雄さん自身で決断したって不自然じゃないですか?

織田信雄は家康を救った!?

それは私の口からは言えませんよ~
まぁ、歴史上は、私が勝手に講和した事になっていますから。

ただ、

だということは、皆さんに分かって欲しいですね。
特に家康様は、神になったお方ですから、神が自ら降参したという歴史を作る訳には行きません。

まぁ、いいんですよー私はどう言われても。

信雄さん、何かカッコイイよくな~い!?
ここにきてアイコの中では、イメージうなぎ上りだわ⤴

それにしても、もし、信雄さんが秀吉と講和せずに、

多分、長引いていたら、間違いなく、徳川軍の戦況は不利になっていたでしょう。

その段階で講和したなら、秀吉は、もっと無理な条件を突き付けてきただろうし、
もしかしたら、徳川が滅ぶまで戦いを続けたかもしれません。

なるほど!!そう妄想してみると、
信雄さんの小牧長久手の戦いでの、一見、おバカで自分勝手に見える行動は・・・

だったのね!

その後の、徳川政権260年の功労者は、もしかして信雄さん!?

と言う訳で、今回は、信雄さん人生最大のおバカストーリー!と思いきや、織田信雄大活躍!というお話でした♪ 



信雄さん、今まで4回に渡り、お越しいただき有難うございました!

おバカと言われた信雄さんが、実は、そうではなかったらしい、特に、小牧長久手の戦いでは、徳川の陰の立役者だったことが分かりましたよ

ちょっとアイコさん、私の登場は今回で終わりじゃないですよ!
今までは、私がおバカと言われる話を弁明しただけですからね。

ほら、タイトルにある通り、

えッ!?、そうなんですか!?(結構、もうお腹一杯なんだけど)


▼【旅行と神社のYouTubeチャンネル】
 まりこトラベラーも更新中です♪
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/channel/UC8XRHF8bYhTdlmscQVCLm7Q

ページトップボタン